レッドレンザーのCSR

社会的責任と持続可能性

レッドレンザーの社会的責任と持続可能性

我々は企業活動において社会的責任を果たします。これは人々との関わり合いと環境への配慮、それぞれの範囲におよんで適用されます。

我々は全てのサプライチェーン(特に製造工程)において、環境への配慮および社会問題を考慮し活動します。例えば長期にわたる製品保証とサービスの提供、故障個所のパーツを簡単に交換できるモジュール設計については、資源の有効活用につながります。

ほかにも社員が快適に過ごせる社宅の建設、社会的人道的なプロジェクトに参画することにおいても、我々の社会的責任に対する信念に従って活動してまいります。

国境なき医師団

国境なき医師団は、危機、戦争、自然災害により荒廃した地域に、緊急医療援助を提供しています。この国際的組織は、迅速に、効果的に、官僚的な態度をとらず、人種・宗教・政治思想に関わらず、人々を助けます。レッドレンザーは国境なき医師団とのパートナーシップを強化し、2020年のオフィシャルパートナーカンパニーになりました。

中国におけるコミットメント

我々は中国陽江市の自社工場に生産拠点を集中させています。現地では従業員が快適に過ごせる社宅の建設をしたほか、「希望の光で照らそう」というチャリティキャンペーンなどを通じ、地域の社会貢献活動にも参画しております。特に我々は、地域の教育現場のサポートに対して力を注いでいます。

レッドレンザージャパンの取り組み

流通の過程において、パッケージが傷んでしまった製品。モデルチェンジにより型落ちとなり、市場での販売が難しくなった製品。レッドレンザージャパンでは、こういった製品を地方公共団体や災害ボランティア団体へ寄贈させていただいております。

 地震やそれにともなう津波、集中豪雨による洪水など、日本では近年大きな災害が発生しています。災害地支援の観点から、我々にできることをしたい。

 また「つくる責任 つかう責任」の観点から、持続可能な消費と生産のパターンを確保しつつ、企業として成長していきたいと考えています。

 この取り組みにご興味がある地方公共団体や災害ボランティア団体のご担当者様は、下記「お問い合わせ」よりメールにてご連絡ください。